読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霧が晴れて




いま、山梨県の山奥をバスに乗って進んでいる。あたりは霧。霧、霧。



まさに一寸先は霧といった感じで、5m先がすでに見えない。こんな中でも普通に進めるこのバスの運転手さんは、熟練の成せる技なのか、それとも無謀なのか。





そんな道を進んでいる中、音楽を聴きたくなってウォークマンをポケットから出して、イアフォンをつけた。


曲は、星野源の『フィルム』。名曲だ。


響くアコースティックに浸りながらふと顔をあげると、さっきまであんなに立ち込めていた濃霧が消えていた。むしろ、遠くの山々まで鮮明に見えた。



"ウォークマンで曲を選んでる刹那に"



僕はもしかして、バスに同じく搭乗した20人ほどの人達と一緒に、いつの間にか別の世界に来てしまったのかな?