読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初夏

 

 

 

 

21時を過ぎたくらいからの電車の優先席はあってないようなもんだ。だって優先席に見合うような年寄りは、この時間に外を出歩いたりなんかしない。

 どうも、人類の宝こと、俺です。最近、今から1年前のことを思い返してみたりして。日記でいうと、このくらいの頃、俺は最近なにも報告するようなこともなにもなくて、刺激がない、みたいなことを書いてた。当時の俺は腐ってたわけじゃないんだけどちょっとあれで。ちょうどそんときに彼女と別れたりしたけど、それも大した刺激に感じてなかったみたい。失礼な話だ。最近の俺といえば。最近といえば。んー。刺激がないなんてことはないかな。最近は、そうだな。引越しが目前に控えてきたり。それにともなって必然的に、今のバイトを辞めることになるのがちょっと寂しいなぁ、とか、バイト先の人達も茶化しながらもちょっと寂しがってくれてる感じとかがまたさらに寂しいなでもちょっと嬉しいなとか。新しい住まいを探すのは楽しいし、新生活に向けていろいろ家具やら、家電、インテリアを考えたり探したりするのはすごくドキドキするし。いまだに彼女なんかできないけど、欲しくもないし。なにより、弟がサヤって名前の彼女を作ったことに妙にキレのあるツッコミをしてしまったり。なんかいろいろある。夢もある。こっぱずかしい。ここ最近はずっと、動いたり考えたり喋ったりしてる生活を送ってる。暇なときなんてないし、普通、みんなが感じる暇な時間も俺にとっては暇じゃないし。ちょっと前の、1年前の俺よりは、いろんなとこが変わったし成長してんじゃないかな?俺はもう完成された人間で、これ以上成長することなんてないって思ってたけど、そんなことを思ってる時点でね。でも、芯はなにも変わってないつもり。大切なことは、変わらずに変わることだって。俺、知ってんだから。ほんとなんだから。

 俺を構成してる3個のものがあって。俺を構成してるっていうか、なんていうの、生活の基盤っていうか、俺はこれを軸に生きてます!みたいなのが3個、これってのがあってね。それが『ももクロ』『ポケモン』『お笑い』なんだけど。俺が携帯見てる時、バイトの休憩中とかね、そういうときは大体この3つのどれかの情報を追ってたりするってくらい。日常をこの3つに合わせて生きてるのね。YouTubeとか、履歴みたら自分でも引いたけど、この3つに関連してる動画しか観てないって感じ。簡単に言えば趣味ってやつだよね。たぶん、こういうの、どの人もいくつかあると思うんだけど、俺の場合はこの3つだったの。だったの。最近はこの3つが4つに変わろうとしてて、ヒップホップが入ろうとしてる。さすがに、ルーズな感じのb-boyファッションに目覚めたりなんかして服の趣味までは変わってないんだけど。

 そもそものきっかけはフリースタイルダンジョンで、すごくミーハーな、恥ずかしいとこからハマっていったんだけど、前々からヒップホップって自分の中では未知の領域で、色んな音楽聞いてきたけど、まだ踏み込んだことのないジャンルだったのよ。で、すごい興味はあって、そのタイミングであれが始まってくれて。MCバトルから入って男心をくすぐられてかっけえってなって。んで音源にも手を出し始めて。最初はanarcyとか簡単な邦ヒップホップから聴いたりなんかしてるうちにどっぷりハマって。わかるんだよね。一過性の自分の中での流行りってのと、あ、これはきっと一生付き合っていくんだろうなってモノの違い。ヒップホップは後者だったみたいで、ほんともっと早く出会いたかった。といっても、本当にわからないもんで、前まではロックにハマってて、まさかここまで自分の中でロックが格下げされるなんて思ってもみなかった。だからヒップホップもちょっと怖いんだけど、あの時の俺と今の俺は違うから、これはたぶん、本物だと思う。ヒップホップって世間的にどうしてもダサいイメージがあって。でも本当にそんなことなくて。テレビとかで披露されるヒップホップは確かに、世間のイメージに近いとこにあるかもしれないけど、アングラよりで戦ってるヒップホップってそんなことなくてむしろカッコいいし、オシャレなのもあるし、ラップとか、韻を踏んだり、感謝したりするのだけがヒップホップではなくて、韻を全然踏まなかったり喋ってるだけみたいに歌ってるラッパーもいるし。むしろロックよりロックンロールを感じるし、いやヒップホップなんだけど。洗濯物を干すのもヒップホップとか言われたりするらしいんだけど、音楽のジャンルじゃなくてヒップホップってのは生き様の総称で、、みたいな、すごい奥が深いもので。俺もにわかだからまだまだよくわかんないけど、なんかすごいのよ。男心を揺さぶられる、ロマンあふれる領域なんだよね。オシャレで言っても、特にスニーカーとか、ちょっと前はナイキで、今はリーボックだとか、そういうのって実はヒップホップ発信だったりする。その界隈の人がファッションにいい感じに取り込んだのをもっとわかりやすくさせたのが一般で流行ってくみたいなものの源流がヒップホップだったみたいの割と多い。気がする。まさに、挑戦の精神みたいなものこそがヒップホップみたいなね、そんな感じな気がする。とりあえず、フリースタイルダンジョンから入るのが入りやすいと思うな。あれ、本当にいい番組だと思う。賛否両論はあるかもだけど、あれの存在はヒップホップの歴史では大きなものだと思う。ただ、ヒップホップについてるワル(悪)のイメージってのは確かにそうで、カッコいいラッパー程、とてもじゃないけどゴールデンの地上波音楽番組とかには出れないと思う。現状のこのテレビ事情じゃ。ピーの数がすごくなっちゃう。息を吐くようにピーだからなぁ。なんて、そろそろオチが見えなくなってきた。

 唐突に話を落としに向かうけど、なにより今は引越しが楽しみ。多分、三茶のあたりになるかも、多分。いろいろな都合上、そこらへん。今できるだけ安いとこを探してる。希代の大雑把だから正直どんなクソみたいな家にも住める自信がある。だから多分、そんなに探すのは難しくない。今のところ順調だ。話が池の鯉のようにあっちこっち行くけど、そういえば、明日はももクロの緑、有安杏果のソロライブに参戦する。今思い出した。今月1番の楽しみの日だった。ドキドキしてきた。そろそろ寝なきゃ。帰りの電車からちまちま書いて、家まで来てしまった。久々の日記であれだったのかもしれない。なんか、そんな感じの日記です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり