捨て猫を拾った話





1ヶ月前くらいの話。
僕は3匹の仔猫を拾った。











最近、僕のSNSにたびたび猫が登場していると思う。あぁそうだ。SNSに猫をあげまくっている。


猫好きな人ってSNSにやたら猫の写真を乗っけてるように思う。犬好きのそれよりもそれは多いように思う。


はっきり言ってそういうの、もういいよ、みたいな。うるせぇよ、みたいな。思ってたし。猫好きアピール過剰だろお前らって思ってたけど。いざあんなのが家にいたらそらあげるわな。あげるわ。許してくれよ。あげるわ。



まぁ、猫を拾ったよ。
捨てられてた子猫。
あの歴史的豪雨の時期に。雨が降り出した初日くらいに拾ったのよ。

その前の日からうちの近くに猫が捨てられてることは知ってた。ちなみに近くって、ほんとに近くで。家の柵のすぐそこ、みたいなとこ。道というか、家とその隣の洋服の青山の間の通路みたいなとこに捨てられてて。ダンボールもなしに、猫そのままが捨てられてて、半分野生化してた。





初めて出会ったのは拾うことになる日の1週間前くらい。最近外からなんかの甲高い鳴き声が聞こえるなぁとか思ってて、むしろ鳴き声だとも気付かなくて、最近テレビ見てるときたまに聞こえる高い音なんだろう、くらいだった。でもある日、それがすごいはっきり聞こえるときがあって、猫の鳴き声だって気付いた。窓から外を覗くと3匹のちっちゃな、本当にちっちゃな猫が例の細い通路にいて、うわ可愛い、触りたいとか思って外出たらすぐ逃げちゃった。その日はそのまま、なにもなく終わった。


次の日、また鳴き声が聞こえる。
なんか絞り出すような、訴えるような声に聞こえた。子猫の声なんて聞いたことなかったから、"そのいつも聴いてる猫の声と違う感"がそう聞こえさせただけかもしれないけど、、。ニャーじゃなくて、キーみたいな。すごい甲高い鳴き声。


その後もそんな感じでいることだけ認識してる日々が続いたんだけど、ここで気付く。あいつら野良だと。捨て猫だと。そもそもあんな小っちゃい猫を外に出して飼ってるなんてありえん。しかも茂みを住処としてるぞこれ、と。気付くの遅いけど。これが拾う2日前くらいかな。おれは野良猫に禁断の行為をしてしまったのよ。餌付けしちゃったのよ。やっちまったよ。近くにあるサンドラッグでわざわざ子猫用の餌買って、いつもその3匹がたむろってる通路に置いといたの。

で、ちょっと時間おいて見に行ったらおぉ、3匹いるじゃないか!貪り食うようにがっついてる。サンジに飯貰った時のギンみたいに!!(ONE PIECEの名シーンだよ😗)
近づいても逃げずに無心に食ってる。触ると、もう肉なしで直、骨!みたい感じでクソガリガリ。顔も鼻水だか目やにだかで汚ねぇし、、、おれの中の善人がこいつらは助けてやらなきゃいけねぇ!と叫んでた。



でもいきなり飼うつっても、家の都合とか、金とか、、おれニートだし??てことでとりあえず支援だけしようと思った。そんで次の日も餌買って置いといたりした。そんなこんなで接触してたら、やっぱ情湧いてたよね、もうその時にはもう、おれの心は決まってたのかもな。















🌞☁️☁️☁️💨💨💨☔️☔️☔️
















そして拾うことになる次の日。雨が降っていた。なにより子猫が気になる。これ大丈夫か?あいつら死なないか??なんてことばかり考えてた。

そしたらニュースでここ1瞬間ずっと大雨だとかやってるじゃないか!!マジか、マジであいつら死ぬ!おい!!



そして変な正義感に後押しされるように、もうおれの身体は動いてた。家にダンボールはなかった。だから近くのドンキに行ってダンボールを貰いに向かう。なるべく大きめのダンボールください!なんて言って5個ぐらい貰う。平日の昼前、雨の中傘さして、むき出しのダンボールを抱えて歩くニートの男。むき出しのダンボール5個は予想以上に持ちにくい。しかも傘を持っているから片手、余計持ちにくい。平日で人通り少ない通りの歩道を不恰好に歩く。やっと家について、潰れたダンボールを箱型にしようにも、家にガムテープがない!クソ!こんなときにおれの家にはなにもないじゃないか!サンドラッグでガムテープを買ってきてやっと、猫の家(仮)をこしらえる。


決心してから約30分後、やっとの思いで作ったコストパフォーマンスの悪いボロボロの家を持って、家から5秒のとこにいる猫の住処へと向かう。猫は意外にも早く見つかった。茂みの中、3匹丸まっている。びしょびしょになって震えていた。猫とろくに触れ合ったこともなかったおれは、がさつに首根っこをひっつかんでダンボールに3匹とも投げ入れる。無事回収完了。その後速攻で風呂にぶち込む。おりゃおりゃおりゃああ!!と叫びながら3匹を洗い散らかす。猫もキー!キー!と言いながら抵抗するが、それをかき消すほどの叫び声をあげながらおれは洗った。この子達をどうにかしなきゃ!無心でおれは洗った。おりゃおりゃおりゃああ!!

















☁️☁️☁️☁️☁️☁️☁️☁️☁️🌞☁️☁️☁️

















…そしてついに、その日からおれと猫達との生活が始まることになる。親には事後報告で知らせることになるが、もちろんしこたま怒られた。だが持ち前の頑固で、、まるでそれは学校を辞めると言い張ったときのような頑固で、おれは猫を家に置き止めたのだった。。。




f:id:rn5sto:20151014142847j:image

写真は、まさに保護した直後のもの。まさに根っからの野生児の彼らの目つきは鋭く、隙を見せたら殺されるんではないかと思ったほどだ。



f:id:rn5sto:20151014143758j:image
f:id:rn5sto:20151014143811j:image
f:id:rn5sto:20151014143718j:image
f:id:rn5sto:20151014145626j:image
f:id:rn5sto:20151014145558j:image


トイレを覚えてダンボールの中で飼うのを止めたくらいの頃の彼らは非常におしとやかになり、おれが動くたびについてくるようにまで。白は相変わらず不細工
だが、他の2匹は可愛らしくなった。


特に茶色に関しては、

f:id:rn5sto:20151014144324j:image
f:id:rn5sto:20151014144435j:image
f:id:rn5sto:20151014144525j:image



まん丸で整った顔、人懐っこい性格、言動全てがあざとい子猫になっていた。



f:id:rn5sto:20151014144657j:image
なかでもこの写真なんて、、、すごくないこれ?なんか読者モデルの自撮りみたいな写真。茶色ちゃんは猫雑誌の表紙飾るような猫モデルの仕事入ってもおかしくないんじゃないかってくらい可愛かったな。




でも本当に3匹とも可愛く、幸せな日々だった。餌や排泄、いろいろ手探りで悪戦苦闘しながらしばらく飼っていた。そんな生活も、束の間。

f:id:rn5sto:20151014145217j:image

この写真が、3匹で撮った最後の写真となる。

そう、貰い手が見つかったのだ。どの子にしようかな〜などと言っていたが目は茶色しか見ていなかったような気がする。まるで人生の縮図のような光景だった。茶色がまず貰われ、その2日後に黒白が貰われた。喜ばしいことだが、なんだか少し悲しかったかな。そして、なにより白色が不憫だった。不細工なだけで1匹余らさせるなんて…わかるよ…白色!わかるよその気持ち!

f:id:rn5sto:20151014145736j:image
1匹になった直後の顔。。
うんやっぱ不細工。選ばれないのはしょうがないよ。。。




でもそんな白色も、その後愛情かけまくってたら、、、、
f:id:rn5sto:20151014150050j:image
f:id:rn5sto:20151014150213j:image
f:id:rn5sto:20151014150232j:image
…なんだか、少し可愛い。



だって一番酷い時がこれだもん。
f:id:rn5sto:20151014150358j:image
f:id:rn5sto:20151014150420j:image

間近で見てたおれは整形としか思えないよ。笑







そして最近、この白い子猫ちゃん、佐藤家で飼うことが正式に決まりました!

名前を白色(しろいろ)ちゃんといいます。基本しーちゃんだからフルネームで呼ぶことなんてないけど、この子は佐藤白色ちゃんといいます。




怒られると隠れたり、


f:id:rn5sto:20151014151102j:image


すぐ噛んだり、


f:id:rn5sto:20151014151131j:image


おれの耳が好きだったり、、


f:id:rn5sto:20151014151148j:image

今はこの子のいろんなことが愛おしいのです。







まぁそんな感じ。
猫のろけブログでした🐱🐾


ということで。
これでのろけはしばらく終わりにしようかなと笑。最近のおれのSNSは、我ながらに気持ち悪くて、ほんとどうにかしたいと思っていたから、一旦ここでのろけきってみようと!そういう日記でした。



あ、ちなみに白色ちゃんは、この日記を書いてる間、おれのここにいました。

f:id:rn5sto:20151014150915j:image

ふふ。










そんな、最近起こった僕と猫のお話。



























おわり






封印を解きました。
解放しました。
バケモンをこの世に。


いや、そろそろいいかなって。


いいのかな?
























おわり















最近の話はしないよ、多分ね。






深夜のカップラーメンほど美味いものはない。そう思わない??
今、カレー味のやつ食べてる。

カレー味のカップラーメンといえば、やっぱり残り汁に冷や飯を入れたくなるよね。僕の家では家族そろって、率先して、この文化を奨励していたよ。育ちが悪いのかな??









さて。

最近あったことって言われると、僕はあまり人に話したりしないけれど、なんでって、そもそも本当にそこまで話すことがないんだよね。

いや、というより、いろいろあるはずなんだけどなにも思い出せないんだよね。いつもそう。だから最近どう?って言われても、いつも「いや〜ぼちぼちかなぁ」くらいしか言えないの。なにもないんじゃなくて、思い出せないだけなの。これちょっとした悩みなんだよね、なんなのかな。つまんない男なのかな。

いや、一瞬一瞬を全力で生きてるから、、もう完全燃焼、記憶も燃えて無くなっちゃってるのかな、、??ふふふ

😗適当に生きてるだけなんて認めない。






さてさて。

えっーと。最近あったことなんて本当に大したことないんだって。まぁ、学校辞めたとか、、彼女とも別れたし、久しぶりに会った親戚にしこたま怒られたり、血便がよく出たり、自転車は撤去されるし、お金が底をつきそうだったり、、、本当に大したことない。(震え声)


でもなんだ、そういえばひとつだけ、これだって、出来事があってさ。これは出来事?いや、決心?みんなにも伝えておこうと思って。大切なことだから。









それはね、、

山本耕史を殺す。





そう、誓うよ。おれはここに誓う。
山本耕史は許されないことをしたよ。

間違いなく、今世紀最大のニュースだ。おれの中では東北の震災や、911同時多発テロの衝撃を軽く超えた。
特におれの世代。「野ブタをプロデュース」とか「イケメンパラダイス」をリアルタイムで観ていた層には衝撃がでかいニュースのはずだ。

堀北真希が結婚したってニュースとともに飛び込んできた、山本耕史という名前。それに、なにやらストーカーみたいな行為をしていたそうじゃないか。交際歴0日で結婚??そんなのありえない!堀北真希はきっとなにか弱みを握られてるに違いない。。。違いない!

おれは、堀北真希が結婚したのにショックを受けたんじゃない。山本耕史と結婚したことにショックを受けたんだ。しかもなにやら闇が深そうじゃないか。ふざけるなよ…

でも交際歴0日ってことは、まだチューとかエッチはしてないってことなのかな!?そう捉えてもいいんだよね!?

…あのニュースが放送された時、おれは感じたんだよ。日本の男たちがひとつになるのを。あの時たしかに、日本は繋がったんだよ。皮肉にも、それと時を同じくして放映されていた24時間テレビとは関係なくね。ともかく山本耕史は、日本中の男を敵に回したんだよ。そしておれは、日本のすべての男子を代表してここに誓うんだ。山本耕史、あの人類の敵ともふさわしい男をこの手で殺すと。止めないでくれ。

堀北真希を救わなきゃ。(サイコパス)










🚬😎










そんなこんなで、僕はほのぼのと暮らしています。それだけです。

最近は、コンビニのバイトにも慣れてきましたよ。僕が働いてるコンビニはファミリーマートで、ファミリーマートは店内でファミマラジオみたいなのが延々と流れてる。月替わりか知らないけど、そんくらいでラジオのパーソナリティーが変わるらしい。今は「野ブタ」にも出てた、山ピーこと山下智久がそれだ。おい、アキラ、お前の得意のなんとかアミーゴで野ブタを救ってやってくれとか思いながら、それを聞いたり聞かなかったりして、バイトを黙々とこなしている。そんな日々だ。

しかしラジオといっても収録なので(ほとんどのラジオも収録だが)もちろん生じゃない。つまり同じ内容が延々とリピートされているということだ。

だから最近は山ピーのクソつまらないトークとか、台本読んでるってバレバレのクソみたいなMCだとか、時々随所でかかる山ピーのクソみたいな曲にイライラしてきている。山ピーにムカついてる副産物で、コンビニにまで腹立ってきているから早くパーソナリティーを変えて欲しい。みんな本当にあれ聞いてみて欲しい。クソすぎるから。




そんな感じかな。

深夜だね。
なんでブログ書こうと思ったかって、僕は早く録画してある今日の『本当にあったこわい話』を観たいのに、父親が下でずっとラグビーの代表戦観てるから見れなくて。自分の部屋で一人暇なんだよ。そろそろ終わったかな?






ブログ更新したら覗いてみよーっと。。。


































おわり



その三文






早起きは三文の徳。


なんて言葉がある。最近、早起きができるようになった僕はこの言葉の意味が痛いほどわかる。日焼けしたあとの肌に間違ってタオルをゴシゴシ擦り付けてしまったくらいには痛いほどわかる。日焼け始めって本当に痛いよね。



ただね、その三文ってなんなんだと。
三文とか、三とかいう数字を決めてまでガチガチに設定固めてるくせに、その三文はなんなのかってのを全く説明してないじゃないかと。
みなさんそう思ってるはず。そうでしょう。ほら、いま私、みなさんの意見、代弁させていただきました。勇気を持って代弁させていただきました。
これはな…勇気の代弁だ…‼︎

みんなこれを言いたくても言えなかった。そうでしょう。薄々感じていたよ。みんなのPOISONを。みんなが抱えてるそのもどかしい葛藤、怒り、嫉み、妬み、畳、赤身…

おれがここで!解き放つ!
時はきた。魂のシュプレヒコール



はい、そんなわけでね。
考えてみましたよ。私なりの三文。


1.その日の計画が立っちゃう

2.調子が良くなっちゃう

3.早く寝ちゃう


ジャン
まさしくこれだ。
これが僕のジャスティスだ…‼︎


まず、「その日の計画が立っちゃう」

いや、ほんとに立っちゃうんだよね。いろいろたっちゃう。
僕の場合、起きてから1時間はぼーっしてたいから1時間はぼーっとしたり携帯いじったりするなんの生産性のない時間にあてて、そのあと朝ご飯食べて、何時だかに家出てジムに行って、この時間に帰ってきたらお昼ご飯でも食べようかな、それが終わったら外出までちょっと時間あるから、それまで昨日録りためたテレビを観よう、なんて、そんなのが決まって、1日が充実するのよ。当たり前にやってる人はきっといると思うけど、僕にとってこれは革新で、とても感動してる。

遅起きすると、なんか外出までの時間が2時間とかなんか中途半端に短かったりして、あれもあれもしたかったのにどうしよう、どれからやろうかな、とか迷っているうちに何にもできずに家を出る、みたいなことが多いんだけど、早起きするとそれがない。予定が立っちゃうというより、どっちかっていうとやりたいことが全部出来ちゃうって感じかな。



次に、「調子が良くなっちゃう」

良くなっちゃうんだよね〜。いろいろ良くなっちゃう。
調子っていうか、体調っていうか、まぁ調子が良くなっちゃうよね。起きがけって大体の人が調子悪いと思うけど、時間経つにつれて良くなっていくよね。でも遅起きしちゃうと調子の悪さも普通に比べてすこぶる悪いし、それの回復にかかる時間も長いし、時間がないからその調子のまま行動したりするとさらに調子悪くなったりする。けど、びっくりしたよ。早起きすると回復早いし万全の状態で1日迎えれるしで…僕の世界はひっくり返ったようだったよ。今僕の人生にレボリューションが起きてるんだよ。


あとこれ、「早く寝ちゃう」

寝ちゃうね〜!寝ちゃう!
これが早起きで得れる三文の徳うちでも、別格の徳だと思うよ。極め付けだよ。早起きするとね、早い時間に眠くなるんだよ。知ってた?僕は知らなかったんだよ。これで早寝するとね、次の日も早起きできるのよ!これ、すごいことだよ。早起きすると、次の日も早起きすることができるんだよ、普通に暮らしてれば。早起きすることによって次の日の早起きにも繋がる。徳のスパイラルが始まるんだよ。





どうかな。これが、早起きすると得られる三文の徳。みんなも是非早起きしてみて。僕みたいに世界観が変わるはずだよ。








あ、最後に。「早く寝ちゃう」ところで注意なんだけど。

早起きして普通に暮らせば徳のスパイラルは生まれる。でも気をつけて、間違って昼寝とかしちゃうと連鎖が崩れるから。フルコンボ直前で連鎖崩れるとショックだからほんと気をつけて。悲しいから。悲しいよ〜。ほんと悲しい。おれ、今ほんと悲しいもん。だってさ、今日…ちょうどそのミスしたばっかり…だから…





ははは😅





というわけで、昼寝して18時に起きちゃったせいで寝れずに夜更かし中、そんな僕の日記でした。
























おわり



ピカピカまっさいチュウ







これ!とにかく、一回聴け!

聴いてくれ!!!

泣けるんだこれが。メロディラインに哀愁が漂いすぎてる。ともかく聴いてくれ。聴いてくれ頼む!聴かないことには始まらないぞ!


ポケモンアニメ曲の中でも屈指の名曲で、あの伝説の"風といっしょに"とおれの中では並ぶレベル。ともかく聴いて。


この日記は、この曲の素晴らしさを少しでも多くの人たちに伝えるための日記。


くだらないEDMとかいう音楽ばっか聴いてるダサい連中も、これを聴いて本来のジャパニーズソウルを取り戻してほしい。まだ間に合う!


聴いてくれたかな??
すごいいいでしょ。
思い出補正とかじゃないよ、だって最近知ったんだからおれも笑。
この曲に関してはまだ聴きたてのにわかかもしれないけど、ほんとに一目惚れ。初見で聴いただけでこれまで21年の歴史を覆された気分だったんだから。


この日記はこの曲をいろんな人たちに知ってもらって、今僕が感じてる、このなんとも言えない、悲しさとも楽しさとも取れるふわふわな気持ちを味わって欲しい。本当にそれだけの日記。




















(持ち上げすぎたかもしれない。)



























おわり



家のトイレの話





つい最近から、家のトイレの電球が「人感センサー付き」のものに変わった。

僕はトイレという空間がたまらなく好きで、ついつい長居してしまうのだが、、
そんな僕に、これは大事件だった。、


この前、いつもの通りトイレでパズドラをしていたら、突然電気が消えた。夜だったため窓からの光もなく、僕の視界は一面真っ暗になった。ビクッとして、天井を仰ぎみるように身体をひねると、少し間が空いて電気がまたついた。そうしてまたしばらくすると、また電気が消え、それに反応してまた身体を動かすと電気がついた。

この時、僕はなんと、
(あぁ、電球が切れそうだな)
と思っていた。

なぜ、僕は人感センサーの電球になったんだと思わなかったか。それにはいくつかの理由がある。

  1. なんの予告もなしに変わっていたから
  2. 家用の豆電球で人感センサーが付いたものが市販されているなんて、にわかに信じられなかったから
  3. 多分安物のせいか、ちょっと動いたくらいでは反応しなかったときがあったから
  4. 人感センサー付きにしてはライトのスパンが異常に短く「それは早すぎるだろ!」ってタイミングで電気が消えるから
  5. 認めたくなかったが、突然の暗闇のせいで若干パニックになっていたから

こんな感じで、その時点では人感センサー付きの電球に変わったとは思ってなかった。



この前はそのせいで母に、

「トイレの電球どうにかできない?壊れてるよ。さっきなんか人感センサー付きのやつみたいに、動いたら付いて、また消えて、動いたらまた付いて、みたいな茶番を中でやっちゃったよ」

と言ってしまい、そしてびっくりするくらいのスピードと淡々さで、

「いや、人感センサー付きなんだよ」

と返されるという事態が起きた。
変な恥をかかされてしまった。変な恥だ。

続けて母は、

「あの電球ほんと失礼よね、すぐ消えるんだもん。そんな早く終わるわけなくない!?」

と愚痴を言っていた。
いや、だよね、やっぱりあれ時間短すぎるよね。昼はまだいいけど、夜とか、先述の通り若干パニックになるくらいの暗闇になるからあの時間の短さはほんと失礼やわ。人のトイレをなんだと思ってんだろう。なにより、唐突にあれを買ってきて変えた父に今は憤りを感じている。いや、ほんとにないわ〜。

でもよかったー、僕と同じ考えの同居人がいて。って思った。僕だけなんか不満に感じてて、他の人たちはこの環境に満足してるとしたら、最悪、僕は怖くなって家を出ていた、もしくは警察に電話していたかもしれない。。😰






みたいな、そんな話なんですけど。





























おわり



恋する季節





初夏である。

日本中が精神的にも物理的にもアツくなってくるこの季節である。

今はまだ、梅雨という名の雨の幕が降りている。この幕が上がれば、人々はこのアツい季節に身も心も開放して飛び出していくのだ。太陽も人々を煽りたてて、勢いは増していくばかり。幕が上がる。



恋する季節は春だとか言われたり、冬って言われることもある。秋って言われるのは聞いたことないけれど、まぁそういう人もいるのかな。いやでも、個人的にはやっぱり夏推しかな〜。

顔にしたる汗とか、突然の雨とか、顔にはねる海水とか、水に濡れて火照った身体こそが青春の醍醐味だとは思わない?これがまた渋いんだよねぇ。渋い。

この浮き足立った季節。すごい好き。



そう、でも今は、季節外れのチューリップでも見ながら煙草でも吸いたい気分。

なんだか昨日、ふと夜の空に向かって吐いた煙草の煙が、なかなか消えなかった。空がずっと曇って見えた気がして、なんだか不思議な気分だったよ。

夜になると、空は宇宙になる。僕は昨日、その無限の彼方に吸い込まれそうになったんだよ。この前テレビで観たトイストーリー3に影響されたのかな?






🎋







ところで、僕は駅から徒歩40分くらいのとこに住んでいて、駅までは自転車を使っているのだけれど。
自転車を使っても家までは15分近くかかる。僕はその間いつもイアフォンをして、音楽を聴きながら帰っている。

夜道。街灯がわずかに灯った、街から離れた静かな住宅地の路地。夜の静かな風と空気を感じながら、お気に入りの音楽を聴く時間がたまらなく好き。

家で聴く感じとなんか違う気がして、家に帰りたくなくなってしまう。寒くて凍えそうな冬のいつかの日にも、この大好きな時間が終わって欲しくなくて、わざと遠回りして帰ったことがあった。凍えて鼻が真っ赤になりながらも、その時間は僕にとってとても有意義だった。

昨日も、僕は遠回りした。いつもの倍くらい、30分近くかけて帰路を辿った。その時聴いていた音楽がなんだったのかはもう忘れてしまったけれど、それは僕にとってとても大切な時間だった。








💥🔫








この感覚、どう?笑

そもそも駅から自転車で15分のところに住んでる人が珍しいのか。基本、この遠さにはムカつくけれど…、たまに、こうやって感謝してる。


そんな今日。恋する季節。
































おわり