読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安いビニール傘を通してみる空






とても美しい物のように見えた。安っぽ傘を通した空は、安っぽく映ると思った?おれは、逆にもっと遠く感じたよ。古いブラウン管を通して、大好きなアイドルを見るみたいなね。絶対埋められない距離を感じたよ。


それと、自分の安っぽさも浮き彫りにされた気がした。毎日、地味な服を着て、地味な髪型をして、1年前ここに立ってた僕と、今の僕はなにが違うんだろう?


ああ、何も変わってやしない。変わったのは少し濃くなった無精髭だけ。僕は情けないなぁ。格好悪いなぁ。









_._._._._._._._._._._._._......










本当に少し、話はそれるけど、今日家で一人ショートコントをしてそれを録画する遊びをしてみた。



\それすぎだよ!/ツッコミ!



自分がウケを狙う時にどんな顔してるのかとか、どんな動きをするのかがわかって本当に気持ち悪くて楽しかった。




確認のために言っとくけど、本当に一人でやってたからね。気持ち悪いわ〜。





ん〜、おもしろい大人になりたいな〜















続・くだらない唄

http://sp.uta-net.com/search/kashi.php?TID=19004